<< ついに農機具処分 | main | 父の認知症と家族の対応 6 >>

父の認知症と家族の対応 5

0

    JUGEMテーマ:病気

     

    父の認知症と家族の対応

     

    とりあえず薬を飲んでいるおかげで急激な変化は見られないが、

     

    徐々に進行はしているような気がする。

     

    新聞を読み終えてトイレなどの行動を挟むと、

     

    また初めて読むかのように新聞を広げる。

     

    それでも誰にも迷惑をかけるわけではないためそっとしておく。

     

     

    ここ暫くは「免許が〜」と言わなくなり落ち着いた日々を過ごしていたが、

     

    ぶらっと倉庫に行ったときに農機具がなくなっていることに気付き、

     

    久しぶりに”免許病”が始まった。

     

    物事を考えることが出来なくなるため、

     

    目に見えるものや執着していることが一旦頭に出てくるとそのことオンリーとなり、

     

    自分に都合のいい妄想解釈でもはや会話にならない。

     

     

    何度丁寧に説明しても話の頭の部分はすでに覚えておらず堂々巡り。

     

    先日も夜に「免許が〜」と騒ぎ始め、丁寧に説明をして落ち着くという流れを3セット繰り返し、

     

    翌日の昼と夜にまた同じことを繰り返す。

     

    最近では父の前で母と私が父のことについて会話していても

     

    自分のことを言っていると気づかないくらい会話を理解出来なくなっているため、

     

    賭けではあるが思い切って出来るだけシンプルに紙に文章化してみた。

     

    認知症 アルツハイマー

     

    自分に対する文章と分かるように名前を入れ、

     

    病気、病院、警察という文字を入れることで事の重要性が伝わるように。

     

     

    賭けと言ったのは、もしかしたらこの紙を見たことで余計免許に固執してしまうかもしれないということ。

     

    一般的な会話のスピードでは脳が言葉の意味を理解し考えることが出来ないため、

     

    紙に文章化することで自分のペースで読むことが出来、

     

    一日に何度も同じ新聞を読むように紙に目が行ったら読むということに期待した。

     

     

    用紙を作ってまだ3日目だが数日前の免許病は今のところ落ち着いている。

     

    現時点ではまだ文章を読み理解できるようだがいつまた騒ぎ出すか・・・。

     

    感情をコントロール出来なくなってきているため、すぐ声を荒げ殴るようなそぶりを見せるようになってきた。

     

    家族に手を上げたら家には置いておけない。

     

    ストレスのたまる日々はまだまだ続く。

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 1970.01.01 Thursday
      • -
      • 21:31
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      おすすめ
      selected entries
      categories
      archives
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM